0

ミャンマーのススメ。Episode-1

まずはミャンマー旅行の前に必ず取得しなければならない「ビザ」ですが、取得方法について本やHPごとに違うコトが書いてあったりしてちょっと判りにくいです。そして結果としてはかなりのドタバタ劇となってしまった自身の反省点を情報として記すコトで、みなさまにスムーズなビザ取得の参考にして頂ければ嬉しく思います。(2016年11月時点)

自分は品川にあるミャンマー大使館で申請しました、原美術館のすぐ近くなのでご存知な方は問題無しと思いますが駅から結構歩くので(15分くらい)初めての方は余裕もって出かけた方が良いです。必要書類は●パスポート(有効期間6ヶ月以上)●パスポートの顔写真ページのコピー●観光ビザ申請書●カラー証明写真●航空券(e-チケット控え)●事務手数料1,000円(1人)です。1番注意すべきは申請書で、書面は大使館のHPからDLできるので(書き方見本も)空欄の無いようにビッシリ書いて写真を貼っておきましょう、写真は家族4人分を家の白壁の前でそれぞれ撮ってプリンタで出力したものでしたがOKでした。大使館内には机や証明写真機、のり、はさみまであるので(コピー機はありません)その場でも作成できますが申請には時間がかかるし、とても混み合っているのでやはり家庭で完全に仕上げて大使館に着いたらすぐ申請の列に並べるようにすると焦らず良いと思います。

申請は9:00~12:00で行います。私が9:30頃着いた時にはすでに20人以上は並んでいました、1列に並んで2つある窓口の空いた方で申請する流れです。並んでいる方の殆どがスーツ姿のおそらく旅行代理店の方々で、ツアー客の申請を一手に行うべく大量の申請書類を持っています。なので1人が申請を終えるまで結構な時間がかかり思ったよりも順番が進みません、時間をつぶせるモノを持って行くと良いかもしれませんね。(飲み物の自販機はありました)

自分は家族4人分の申請書類セットを持って申請に望み、トータル2回の駄目出しをもらい汗だくになりながら12:00過ぎまで粘って、やっとこ申請を受理してもらいました。1度目のやり直しは申請書類に記入漏れがあった為で、2度目はパスポートのコピーを持っていなかった為です(いろいろ調べていたのに知らなかったのです…)必死に4人分の記入漏れを書き込み、ダッシュで最寄り(歩きで5~6分)のコンビニでコピーを取り12:00過ぎていたのを何とか頼み込んでの受理でした。受付の女性は先ほどまでの厳しい指摘の態度とは打って変わってとても優しく「本当に何度もご苦労様でした」と言ってくれました。こちらこそ何度も有り難うございます!という気持ちと妙な達成感で晴れやかに大使館を後にしました。並んでいる最中には必要書類が足りずまた出直すしかないという方も見かけたので、そうはなるまいとして私も必死でした。皆さんは私のようにドタバタにならないよう、必要書類は記入漏れのないように揃えて行き、行列に並ぶ時間を考慮してなるべく早めに到着できるようにしてくださいね。

受理されたら後は指定口座にビザ代金を振り込み、振込明細のコピーと申請受理時にもらった紙切れを持ってビザの貼ってあるパスポートを受け取りに行くだけです。受け取りにはほとんど時間はかかりませんでした、発行までの日数もまちまちな事が書いてあったのですが自分の場合は金曜に申請して翌週の月曜に発行だったので土日を挟まなければもっと早いのかもしれません。大使館にはミャンマーMAPや日本語のフリーペーパーやホテル情報などの貰える印刷物がたくさんあるので、旅行が決まったらなるべく早くビザ取得して、後は楽しい旅行の事ばかり考えるのが良いと思います。では楽しいミャンマー旅行へ行ってらっしゃいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。